Catch me,if u can!!

新シリーズその名もGV

コメントする

私、最近知りました!!

 

 

初期の私は…

え、キャストって着れない服多すぎパーツとかめんどくさい

うわ何この肌の色…色白美肌にしたのにこれじゃ幽霊じゃん…

え、肌の色変更ってカラチェンで出来ないの!?ラッピー無駄にしたわ…あ、有料ね。。

えっとエステパス買って…よしっ!これでどうだ!

 

まだかー。また課金しないと。。

 

試行錯誤すること3回、ようやく人並の肌色をゲットしたぞ!

ロボ子は好きだけど人間になりたい…私、人間になりたい!!

人間っぽい服は…え、PSO2ってファンタジーすぎ…普通の服ないの!?

GパンにTシャツみたいな!そんな普通の格好がしたいの!!

ツナギ…これしかないか…。

アクアオールブリンク購入っと

 

うん!レンジャーっぽいし悪くないっ!

 

はぁ、こんなことならヒューマン選んでおけばよかったなぁ。。。

 

 

 

キャス子のあなた、こんな覚えございませんか?

 

 

 

今回ご紹介するのはキャストパーツの新バージョン、その名も

 

GVシリー

 

EP3にて登場した、サイッコー↑にキューティーなパーツだ☆

 

え?またパーツ?それじゃあ結局人間になれないじゃーん、だって??

 

ハハッ、そこの悩めるキャス子の君☆僕は君にキャス子の魅力を、君自信がもってる最高の可能性ってやつを教えにきたのサ☆

 

 

百聞は一見にしかずって言ってね、まずはそのサイッコー↑にキューティなパーツ達を見てもらおうか!

 

 

pso20141107_211534_002

 

ボディ、アーム、レッグ 全てディールのGVシリーズだ☆

 

見よっ!この透き通るようなグラデーション!!

ホバーの色さえもパーツの1つとして組み込んでしまうその魅力!

吸い込まれそうな髪、まるでシオンの肌のような宇宙的ロマン!!

 

これがGVシリーズだ!!

 

 

 

 

 

 

―3ヶ月の間、ディールGVを試着してもらった超絹旗さんに話を聞いてみた

 

<絹旗のマイルーム>

 

 

 

古畑任三郎「ん~っふっふwwwwえ~…wwwお絹さんあなた…試しましたね?」

 

絹旗「あなたには超関係ないことです。」

 

古畑「そうですかあ?wwww私はそうは思いませぇんwwwwww」

 

絹旗「だから私は今回の被験が初のディールだと何度いっt古畑「あなたは過去のディールパーツが大嫌いだった!!しかし今回出たGVシリーズを見てそのカラーに、配色に魅入られた!!大嫌いだったものが大好きになってしまったその真実を認めたくなかったんだ!!!」

 

絹旗「ぺちゃくちゃぺちゃくちゃと超口うるさい男ですね!!私は今回の通販のCMの話が来るまで、ディールパーツなんて使ったことはない!!何度言ったら分かるんですか!だいたい私が過去にディールを着ていたなんて証拠どこにもない!!!」

 

絹旗(そう、私はあの時、私がディールを着ていたという記憶を持つ人間を全て葬ったんだ)

 

古畑「あーwwふっふっふwwwそうおっしゃられるかとおもって、実は私達…持ってきたんですよ。あなたの…」

 

絹旗「え?」

 

古畑「西園寺くん!」パン

 

西園寺くん「はっ」

 

 

pso20141107_214414_010

 

 

絹旗「」

 

古畑「西園寺くん」

 

西園寺くん「絹旗さん。失礼します。」

 

刹那、西園寺くんは絹旗の服をおもむろに脱がし手足をもぎ取る。すかさず大きな鞄から取り出したパーツをまるでレゴブロックを組み立てる少年のような手つきで装着し…

 

鏡を差し出した。

 

古畑「今のご自分の姿を見ても…まだ言えますか?」

 

古畑「あなたは今こう思っている。『昔の私を知っている人間は全て殺したのに何故』と…」

 

絹旗「…」

 

古畑「え~…wwwっふっふwwww単純なことですぅwwww私の知り合いに刀匠の者が居りましてぇ?彼はアークスではないが特異な才能があった、サイコメトリーだ」

 

古畑「彼は握った武具からその武具の念を読み取り過去を見ることが出来る」

 

古畑「過去のディールパーツを着たあなただ。雨が降っていないのに傘を指し、隠そうにも隠し切れない提灯型の幽霊、そして苦痛に歪んだ顔」

 

古畑「ディールパーツを身につけている自分がよほどつらかったので、しょう!あなたが犯行現場に落とした多くの拳銃の弾、それ自身にあなたの念が強く残っていた!!

おそらくぅ!!あなたが最も醜いであろうその姿で犯行に及んだ理由はこうだ!『本当の自分は醜い、醜い自分だから人を殺めることができる』そう言い聞かせるために!!そしてぇ!!!!

 

本当の自分を…見て欲しかったのではないですか…?」

 

古畑「だからフォトン弾ではなく…現場に残る実弾を用いたのではないですか?」

 

古畑「あの画像からは私はおそらくあなただろう、と言うことは出来ますが、あなたが犯人であると断定することはできませぇん。」

 

古畑「だからこそ絹旗さん、今ならまだ間に合います。自白して頂けますか?」

 

絹旗「…私がやったんだ」

 

絹旗「あなたの超言うとおりです。私はディールボディが大嫌いだった。いや、キャストになったという事実が超いやでした。

 

私はロボットになんてなりたくなかった人間のままでいたかった!!!

 

あの日みんなとバイバイして…目が覚めたらロボットで!!肌の色だっておかしかった!!!

 

声だってこもってたし、フォトンだって今までのように扱えなくなっていた!!

 

人間の服を来ても首にパーツの跡が残る!!毎日毎日マフラーを巻いてストールを巻いてかくして!!!熱い日もウォパルでもアムドゥスキアの火山の調査の時も!!

耳だって見えないように髪の毛だって伸ばしました!!!

 

それほど嫌がっていたロボットのパーツ、それもディールパーツが私の大好きなものになってしまったんですよ!!

その事実を隠そうとすればするほど気持ちが抑えられなくなって…でも今更仲間に打ち明けることなんてできなかった!!

 

…あなたに私の気持ちなんてわからないじゃないですか!!!」

 

 

古畑「だからって…人を殺す理由にはならないでしょう」

 

絹旗「私の気持ちがわからないあんたに説教される筋合いなんてないッ!!!」

 

古畑「絹旗さん、いや、今は超絹旗さんといったほうがよろしいでしょうかあ?」

古畑「確かに、あなたが今まで感じてきた辛い思い、お察しすることは出来ますが私に出来るのはそこまでですぅ。

その辛い思いを理解することなんて人間の私には出来ないし、だからしようとも思わない。

 

しかしそんな私でも1ついえることがあります。

 

もしもあなたが「気持ちを大切にする」ことで「人を殺めたことの正当性」を作るってんなら…

そんな傲慢な理由で殺人鬼としての自分に着ぐるみを着せようってんなら…

 

 

 

 

まずはその…ふざけた幻想をぶち殺す!!!!!!」

 

 

 

 

デッデン、デデーン、デッデン、デデーン

デッデン、デデーン、デッデン、デデーン

トゥートゥートゥトゥートゥートゥトゥートゥートゥトゥー…♪

 

 

 

 

 

あー。やっちまった。

 

 

訳わかんなくなっちまった。

 

 

 

 

とりあえず貼るわ。

pso20141107_211628_004 pso20141107_211702_006

 

 

同じGVシリーズのパーツ達

左がローズ 右がファーネン

 

 

 

 

 

あー。通販スタイルで通したかったんだけど

 

 

オチだけやっていい?やるね?

 

 

**************************************オチ

さぁこれが3ヶ月前の絹旗さん、ご覧頂こう☆

 

 

 

pso20141025_165430_028

 

 

んー、こういっちゃあなんだけど、とても美しい人間ではないねぇ!

そばかすにシミ、醜く潰れた鼻!女らしさのカケラもない絆創膏も汚く黒ずんでいる!!

キャストなのに耳が長く、髪型だってショートリーゼントという時代錯誤っぷりだ!

お世辞にも美人じゃあない

しかしそんな超絹旗さんも、ディールGVを試着したらこの通り☆

 

 

775059_1415364179

 

<ふふっ、私も含めてだけど…文字通り桁が違うって感じでしたわよ?

 

どうだいこの変わり様!!人間になりたかったそこのキャス子(きみ)!!

君も今日からGVで美貌デビューだ☆

 

 

*************************************************************オチ完

 

 

妖怪の友人さんに超書いて頂きました。

妖怪さん、まじでありがとう!!!超妖怪テイストお絹で超くぁいいよう!!!

 

もうね、何が好きって妖怪テイストの絵の魅力は目と口にあると思うね。

俺は絵に関しては完全に素人だけど、こいつぁ良いもんだってわかるんだ。

お茶会♪絵職人四天王に堂々のランクインだよ!!!

エショクニン!

 

俺は絵に関しては完全に素人だけど、影の付け方とかどうなってんだよって感じだよ!

 

はぁ。

 

 

可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう絞りカスみたいな感じになるけど最後までGVの紹介するね。

搾りかすみたいな感じだけど良かったら見てね。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず古畑の途中であげた画像と一枚目見てもらえばわかるんだけど、あ、いや貼るわ。

pso20141107_211534_002pso20141107_214414_010

 

 

わかるかな?違い

 

全体的にグラデられてんだけど、一番のポイントは髪型だとおもうんだよね

 

画像だとそうでもないけど暗いとこだと最高に吸い込まれそうに綺麗なグラデーション

 

まるで深海で光るクラゲとか宇宙とか、そんな神秘すら感じるレベル

 

 

GVシリーズは初期パーツ3種類に実装されてるっぽい

これから増えるだろうね、GV

 

 

正直いつもツナギだし、たまにヴォルドラゴンとかグリース(クマ型パーツ)でキャストになるくらいであまりパーツに興味なかったんだけど、これからGVが出たら結構食いついちゃうかも

 

 

 

 

 

 

最近生肉専用コスって少ないし、こうなるといよいよキャス子楽しいなって思います

 

 

 

GVの紹介したかっただけなんだよね。

 

 

 

まじで

 

 

でじま

 

 

では諸君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絹旗任三郎でした。

広告

作成者: okinu

youメーン?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中