Catch me,if u can!!

お茶会♪有志によるSpecial Gallery★ミ

 

 

 

 

曲碑ケイ(まがつひ けい)作

その独特のペン先に宿る魂は、「彼らしさ」を宿しつつもその時々のセンスによって180度違う画風で様々なキャラクターを生み出してきた。

お茶会♪のイラスト部門の先駆者でありまた、現在に至るまでその文化を絶やさなかったのは彼による所業に大きく起因している。

これから紹介するイラストは彼の実力のほんの序の口。

本気の禍津日を目の前にして、戦う勇気があるのかと問われれば、答えは出せないまま立ちすくむだろう。

 

201305261600073f0

超絹旗:超デフォ旗

キャッチーかつ特徴を的確にとらえた超絹旗。

おケイの作品は彼の気分によって様々な画風を提示するわけであるが、「いわゆるおケイテイスト」な作品である。

絹旗以外にも、ナツメ・僧正・ふぉるふぉる・せっちゃん・るっつん・なで子さん・マスターココア・蟹等多くの茶メンが存在する。

 

 

 

 

 

20130526171028ef1

 

 

 

超絹旗:ガンナー講座

「いわゆるおケイテイスト」に仕立てあげられた、超絹旗とおケイの日常からのワンカット。

動く「おケイキャラクター」をも生み出しているのだ。

何かガンナーに変化があると、このように講座が開かれることもしばしばある。

 

 

 

 

 

kinu

 

超絹旗:エンブレム

私がお茶会♪に入隊して間もない頃、空気を読まずイラストレーターおケイに直談判して作らせた一品。

全く面識がないにもかかわらず、「ヴォルウィングが好き!」の一言のみでここまで仕上げられてしまった。

<単なるリアパーツではない、ヴォルウィングは生きている。>

そこまで考えさせられるのは彼のクリエイティブさによるものだろう。

このエンブレムが存在していなかったなら、超ヴォル旗は誕生していなかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

妖怪の友人(ようかいのゆうじん)作

現在進行形でその頭角をゴキュゴキュ表し、お茶会♪一同をざわつかせている渦中の人。

彼の作る作品はどれも「妖しげ」でまるで「掴みかけた途端に消え入りそうな」存在感を抱かせる。

まるで淡い青春時代のようなとも言えるし、艶めかしく欲にまみれた夜情事とも見て取れる

言葉を変えれば雲のよう、オーロラのよう、蜃気楼のよう。表情でそれを表現する何かがそこにある。

 

 

 

775059_1415364179

 

超絹旗:超デフォ旗

私が妖怪さんに厚かましくもゴリゴリアピールして書かせあげた一品。

まさに斜め上、私とは発想が違う世界に彼はいる。

あの(AW参照)超絹旗をここまで艶めかしく表現できるのは、妖怪センスに脱帽である。

 

 

 

 

^97C9AAE8C8ACD2842F40B4B5AA0300D8EBB04BB9CE12E7F994^pimgpsh_fullsize_distrghj

 

 超絹旗:超デフォ旗とお茶会♪

妖怪の友人がお茶会♪の動画編集者、りぃすと【おちゃちゃちゃ(デュラララ!!ED2パロ)動画】を制作した際に生まれた作品。

セツ、ケイ、ファビオラ、ボス、りぃす、キックスノール、フィナ、ナツメ、妖怪の友人、マース、超絹旗、幸村?、ゆるはち、そしてマスターココア

その感想は散々

この記事

にて書いたのでここでは省略。

妖怪の友人の「キャラクターを的確に捉える能力」に感服すると同時に、改めて「お茶会♪のメンツはコスチュームが固定されている」ことを再認識した。

本当にお疲れ様でした、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ムー大陸(むーたいりく)作

彼は今退団してしまったが、入隊時から「ガチルーキー」としてお茶会♪クエスト勢の注目を浴びる。

私のしつこいクエスト周回もなっちやせりんちゃんよろしく快く着いてきてくれたガチルーキーだ。

そして同時に、彼はSA職人であった。

 

 

775059_1383817120

 

超絹旗:超デフォ旗

私の口癖「え!ちょそれまじで!!」をシンボルアート化した作品。

今更言うまでもないが、私からの猛アピールにより制作に至った。

彼により授かって以来、私は今までPSO2をプレイしてこのSAを見ない日はない、というほどAWに活用させて頂いている。

 

 

 

 

 

超絹旗(ちょうきぬはた)作

お茶会♪のイラスト組のパワーはすごい。HPを見てもわからないかもしれないが、メンバー専用掲示板というものが存在する。

表の掲示板とは対照的に、日夜激しいお茶交流が行なわれているのだ。

イラストスレは実に4スレッド目に突入。

初めは意識していなかった私も、

「え?なにこんなみんな書けるもんなの?」「まじか書いてみよう」

と思うほどに。

 

 

20130619161607bae

 

超絹旗:超絹旗

語ることなど何もない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中